年間1000件以上の商標登録出願件数 「ファーイースト国際特許事務所」の弁理士 平野泰弘が商標登録についての質問に、ものすごい勢いで答えまくるサイトです。 商標登録出願件数東京都第1位 ※2016年11月

商標登録に関することは何でもご質問ください ご質問はコチラ

自分で商標登録出願の願書を作りましたが、チェックしてもらえますか?

ご自身で作成した商標登録出願をこちらでチェックする場合、通常の出願料金に加えて添削チェック料がかかるため、かえって割高になります。 またご自身で作成された出願に対してうちが返金保証を付けることができないので、最初からまかせて審査不合格の際の返金保証を付けた方が損をしません。

商標登録を希望する商標が登録されている場合、地名を付けると合格できますか?

結論からいうと、合格できない場合が多いです。

たとえば、あなたが登録商標ABCをもっていたとして、他人が「ABC TOKYO」との商標を使い始めたらカチンとくるのではないですか?

このカチンとくる範囲内であれば、まず登録できないと考えた方がよいです。

また簡単な記号を追加しても、審査に合格できない場合が多いです。

二つ更新する商標権がある場合、どちらを更新すればよいですか?

似た商標権が二つある場合、それぞれの登録商標を使っているなら、両方を維持するのがよいです。どちらか一方にするなら、メインで登録商標を使っている方を選びます。登録商標とは、登録証に記載された商標そのもののことです(わからなくなったら、特許庁の原簿で確認してください)。 要は、実際に使っている登録商標を選択すれば間違いがありません。

古くからあるデザインなら、無断で商売に使用することができますか?

古くからあるデザインでも、「特定の商品や業務内容については」、商標登録されている場合があります。

このため実際にデザインを使用する場合には専門家に相談されることをお奨めします。

この場での無料相談をご希望の場合には、フェイスブックからの質問にてお願いいたします。

国際商標登録で商標「@ABC」が取られている場合、「ABC」や「エービーシー」に変えたら、日本で商標登録することはできますか?

互いに衝突する内容の商標については、既に登録されている商標と同一の商標は日本では登録できません。さらに「類似する商標」も審査に合格できないです。

このため商標「@ABC」が登録されているなら、後から商標「ABC」や「エービーシー」を出願しても審査に合格できない場合が多いです。

仮にあなたが商標「@ABC」についての商標権を持っている場合に、他人の商標「ABC」や「エービーシー」が審査に合格したら、止めてくれよ、と思うでしょう。それと同じです。あなたが止めてくれ、と感じる範囲は、登録できない範囲であることが多いです。

既に日本に権利の効力が及ぶものと類似か同一の範囲で商標登録することはできないです。後はお金を払って商標を買い取るとか、ライセンス料を払って使わせてもらう等の方法があります。

独自に創作したキャラクターが商標権侵害になる場合はありますか?

はい。あります。

商標権の場合は商標権の存在を知っているかどうかは商標権の権利行使に全く関係がありません。商標権を侵害する場合であれば、商標権の内容を全く知らない人に対しても権利行使ができます。

このため登録商標に類似するため商標権の権利範囲に抵触する場合には、抵触する範囲で独自に創作したキャラクターを使用できないことになります。この場合は商標権者に使用料を払う必要があります。

これに対して著作権の場合は、他人の著作物とは全く関係なしに独自に創作した場合には、著作権の効力は及びません。

靴の登録商標「サンスター」を別のサンスター以外の靴の説明に使えますか?

登録商標「サンスター」が靴の区分に登録されている場合で、サンスターの製品以外の靴の説明に使う場合ですが、もしその説明ページが靴の販売の説明ページなら止めておいた方がよいです。

商品説明の場合は商標法上の商標の使用に該当しない場合もありますが、商品説明であれば商標権の効力の対象外と最初から決めつけるのは危険な場合があります。

アーティストの個人名入りの小物をオークションで出品できますか?

オークションは個人間売買なので、いわゆる事業としての実施ではないように見えますので、もしかすると権利侵害にならないのでは、と考えたのですね?

個人間売買といいながら、複数回オークションに参加しているのは、個人間との名の下に実質的に個人事業を行っている場合と変わらなくなります。

ですので、個人間のオークションだからよい、とまでは言い切れないです。

特に有名なアーティストの商標を無断で商品に貼る行為は、限りなくアウトに近い行為です。

もしアーティストの個人名入りの小物をオークションで出品するなら、そのアーティスト自身が販売している正規品を出品するのが礼儀です。

アーティストのロゴを私用で使ってもよいか

アーティストのロゴの場合、事業としてロゴを使用しなければ、たとえそのロゴが商標登録されていたとしても、商標権侵害の問題は生じません。

けれども、アーティストのロゴは他の法律によっても保護されています。

例えば、そのロゴに関するデザイン部分に著作権があれば、無断でコピーすると著作権侵害の問題が発生します。

特にコピーしたものを大量に配布した場合には、私用の範囲を超えてしまいます。

私用だから全部OKになるとは限らない点に注意してください。

趣味の模型作品の中に他社の登録商標が含まれると商標権侵害になりますか?

趣味でプラモデル等を使って古い街並みを再現した場合、その作品中の街並みの中に社名や看板等の登録商標が含まれる場合があります。

この場合は、その作品を販売したり、その作品を公開したりしてお金を貰っているわけではありませんので、商標権の侵害にはなりません。

商標法で定める商標は「事業として」使うものでなくてはならない、と決まっているからです。

ただし継続して雑誌に掲載してお金を貰い続ける場合が生じたなど、趣味といいながら実質的に事業を行っているのと変わらない状態になった場合にはグレーゾーンになります。

グレーゾーンの場合には、作品中における商標の使い方が商標法上の商標の使用といえるのか、との判断が必要になります。

この判断については、個々の作品毎に専門家の判断を仰ぐことをお奨めします。

facebookからご質問をどうぞ!