年間1000件以上の商標登録出願件数 「ファーイースト国際特許事務所」の弁理士 平野泰弘が商標登録についての質問に、ものすごい勢いで答えまくるサイトです。 商標登録出願件数東京都第1位 ※2016年11月

商標登録に関することは何でもご質問ください ご質問はコチラ

コンビニについて「セブンイレブン」を商標登録しても他社が「ローソン」とか他の商標について登録ができるのであれば、「セブンイレブン」について商標登録をする意味があるのでしょうか

コンビニについて「セブンイレブン」を商標登録しても、他人が「ローソン」とか「ファミリーマート」とか、「セブンイレブン」とは異なる商標について商標登録を受けることは可能です。

同様に、こちらが商標登録したとしても、他人がこちらの登録商標と関係のない商標について登録を受けることは可能です。

「セブンイレブン」について商標登録したとしても「ローソン」とか「ファミリーマート」とかはそれぞれ互いに類似していないので、登録商標として並列して存在することになります。

せっかく商標登録したとしても、他人が異なる商標について登録することができるのであれば、自分の商標について登録する意味はないのでしょうか。

もちろん、意味がないことはありません。

商標登録の本当の意味が分かるのは、商標登録をした『現在の』時点ではありません。

どうせ商標登録したとしても、他の商標について他人が商標登録できるのなら商標登録する意味がない、として自分の商標を登録せずに放置しておいた、とします。

商売も順調なのでそろそろ商標登録でもするか、と商標登録の検索をしてみたところ、 自分の商標について、既に他の業者に商標登録をされているのを知ったときに初めて商標登録の意味が分かります。

商標登録の意味が分かるのは現在ではありません。 商標登録の本当の意味が分かるのは、『未来』のいつかの時点です。

facebookからご質問をどうぞ!