商標登録に関する質問

独自に創作したキャラクターが商標権侵害になる場合はありますか?

はい。あります。

商標権の場合は商標権の存在を知っているかどうかは商標権の権利行使に全く関係がありません。商標権を侵害する場合であれば、商標権の内容を全く知らない人に対しても権利行使ができます。

このため登録商標に類似するため商標権の権利範囲に抵触する場合には、抵触する範囲で独自に創作したキャラクターを使用できないことになります。この場合は商標権者に使用料を払う必要があります。

これに対して著作権の場合は、他人の著作物とは全く関係なしに独自に創作した場合には、著作権の効力は及びません。