商標登録に関する質問

既に使用している商標が他人に先に登録されている場合にはどうすればよいのでしょうか。

商標権は土地の権利と同じです。

自分が商標を独自に考えて商品に表示して販売した、とします。
この商標には思い入れもあった、とします。

たとえていうなら、この場合は、他人の土地に勝手に車を停めているのと同じ状態になります。
あなたはその土地が他人の土地であることを最初はたまたま知らなかった、というだけです。

そのまま他人の土地に無断で駐車をしていると、「うちの土地から出ていって欲しい」といわれます。
要するに、違法駐車の中止を求める差止請求を受けることになります。

またそのまま他人の土地に無断で駐車をしていると、「これまでの駐車料金を払って欲しい」、といわれます。
要するに、過去の駐車料の支払いを求める損害賠償請求を受けることになります。

他人の土地をいくら一生懸命耕しても、その土地は自分のものになるわけでもありませんし、
その土地で得られた収穫物は結局は土地の権利者に巻き上げられてしまいます。

誰のためにがんばって商品を販売しているのか、という話になります。

他人の登録商標であると分かったなら、できるだけ早い段階でその商標の使用を止めるのがよいと思います。

商標権の侵害については甘く見られがちなのですが、商標権を侵害した場合には刑事罰の適用があり、10年以下の懲役刑や法人の場合には3億円以下の罰金刑を受ける場合もあります。

商標権の権利は土地の権利と同じですから、買い取ることもライセンスしてもらうこともできます。
ただしそのレートはあなたが予想するレートとは桁が違うものになることもあります。

そういったことを総合的に考えると、違う商標を考えて商標登録し、登録されたものを使うのが一番安く済むと思います。