商標登録に関する質問

商標登録は、日本と海外で、どのような違いがありますか?

商標登録の制度は、日本では日本の商標法に従います。

つまり、日本国内においては日本の法律が適用されます。そしてその法律の及ぶ範囲は日本の領域内だけです(条約で外国と合意形成がされていなければ)。

逆に外国における商標の取り扱いは、それぞれの国の法律に従うことになります。

制度の概要はほぼどの国も同じですが、商標を保護する考え方は国により異なる場合があります。

注意点は、日本で得られた商標権の効力は外国には及ばない、ということです。
また日本で商標登録されたとしても、それは外国で商標登録できる保証にはなりません。

日本で商標登録できたとしても、中国で全く同じ権利内容について先に第三者が手続を行っているのなら、その中国の第三者が「中国では」正当権利者になります。

それはヨーロッパでも米国でも韓国でもその他の国でも同じです。