商標登録に関する質問

商標登録についての並行輸入の注意点を教えてください

海外から商品を輸入するときに、国内の取り扱い代理店以外がその商品を輸入することを並行輸入といいます。

並行輸入のときは海外の商品の販売元が同じであることが条件です。このため海外の商品の販売元が異なる場合はそもそも並行輸入には該当しませんので注意してください。

商標法の条文には、並行輸入なら商標権の権利侵害になるとか、ならないとかの言及は一切ありません。
並行輸入の問題は判例学説による商標法の解釈で現在は決着が図られています。

具体的には並行輸入品が真正商品であること、海外の販売元と国内の販売元が実質的に同じであること、商品の品質等が輸入前と輸入後で変更されていないこと等を条件として、並行輸入品について登録商標の使用が認められる場合があります。

そして並行輸入品であると認められた場合には、日本国内で商標権者がいたとしても、その商標権者は真正商品についての並行輸入やその真正商品の販売を阻止することができません。

ただし実務上は並行輸入により商標権の効力が制限されるかどうかは判断が容易ではありません。
このため最終決断は、実際の商品を元に、専門家の判断を受けるようにしてください。