商標登録に関する質問

商標の審査で特に注意すべきことは何ですか?

商標登録出願の内容に、商標法で定める「審査に合格できない」理由がある場合には、出願が拒絶されます。

このとき、審査官から通知があった後に、補正したり意見書を提出したりして審査官の認定に反論することができます。

しかし反論したとしても、商標登録出願の内容の一部に「審査に合格できる内容」を含み、その他に「審査に合格できない内容」が含まれる場合に注意が必要です。

一部でも「審査に合格できない内容」を含む出願は、最終的に拒絶されます。

審査に合格できる商標登録出願は、全ての内容が「審査に合格できる内容」になっている必要があります。ここが最重要ポイントです。