商標登録に関する質問

商標登録出願後、審査に合格する前にその商標を使用してもよいか

商標登録出願は年間10万件程度されています。
実際の出願前に念入りに商標の調査を行ったとしても、互いに抵触し合う内容の商標登録出願が直近になされている可能性もあります。

また直近に似た内容の商標登録出願があったかどうかは調べることができない場合があります。
特許庁への出願内容は、出願したその日にデータベースに登録されるのではなく、 実際に登録されるまでに一定期間を要するからです。

出願した商標を使用し始めた場合、後になってから実は使用し始めた商標は使用することができない、ということが後から分かる場合もあります。

この場合、印刷物、看板、ホームページ等を改訂する必要がありますが、このためには相当程度の費用がかかる場合もあります。
このため、審査に合格してから商標を使用することが無難です。

商標登録の審査には平均で半年程度の時間がかかりますが、この期間を見越した上で先に出願を特許庁に済ませておくようにすることが大切です。